乾燥指数計・熱中症指数計付きUVチェッカー UVH-01 (生産終了)

製品概要

【測定項目】温度・サーミスタ
【測定項目】湿度
【測定項目】熱中症指数
【測定項目】熱中症指数レベル
【測定項目】乾燥指数レベル
【測定項目】紫外線強度 長波長A
【測定項目】紫外線強度 中波長B
【機能】時計

12h

【機能】LEDライト

LED

紫外線量・熱中症指数・乾燥指数をモニタリング。

  • 紫外線量を測定し、UVインデックスを表示。
  • 自分のSKINタイプを入力すると、紫外線強度(UV)に応じた推奨SPF値を表示します。
  • 温度・湿度・WBGT指数と5段階の熱中症指数を表示(4月~10月)
  • 温度・湿度・絶対温度と3段階の乾燥指数を表示(11月~3月)
  • 時計/白色LEDライト付き。

標準価格

本体 ¥ 4,600(税別)

製品詳細

紫外線強度・熱中症指数・乾燥指数を表示します。

UVインデックス・SPF値表示

UVH-01 UVインデックス・SPF値表示

ボタンを押すと、紫外線量を測定し、UVインデックスとSPF値を表示します。

UVインデックスについて

p、mf、f、ff、fff の5段階で紫外線の強度を示します。 特に紫外線強度の強い ff と fff を測定した際には、UVアイコンが点滅して警戒を促します。

  UVインデックス 紫外線強度
5-fff 11+ 極端に強い 極度に強い日中の外出はできるだけ控える。外出するときは必ず長袖シャツ、日焼け止め、帽子を使用する。 日中はできるだけ日陰を利用する。
4-ff 8〜10 非常に強い
3-f 6〜7 強い できるだけ長袖シャツ、日焼け止め、帽子を使用する。
2-mf 3〜5 やや強い(中程度)
1-p 1〜2 弱い 安心して戸外で過ごせます。
(WHO:Global solar UV index-A practical guide-2002)
SPF値について

サンバーン(日焼け)の防止効果を数値で表示します。紫外線防止剤入り乳液などを使用する際に必要なSPF値の目安を知ることができます。 「測定したUVインデックス値」と「ユーザーが設定したスキンタイプ」から推奨SPF値を表示します。

熱中症指数表示(4月〜10月)

UVH-01 熱中症指数表示

温度と湿度を測定し、熱中症注意の5段階を表示します。 モードボタンを押すことで、時計表示とWBGT値(℃)表示が切り替わります。特にWBGT値の強い ff と fff を測定した際には、熱中症指数アイコンが点滅して警戒を促します。

  WBGT値(℃) 注意すべき生活活動の目安 注意事項
5-fff 31℃以上 危険 全ての生活活動でおこる危険性 高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。
4-ff 28℃以上 厳重警戒 外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。
3-f 25℃以上 警戒 中等度以上の生活活動でおこる危険性 運動や激しい作業をする際には定期的に充分に休息を取り入れる。
2-mf 25℃未満・21℃以上 注意 強い生活活動でおこる危険性 一般的に危険性は少ないが激しい運動や重労働には発生する危険性がある。
1-p 21℃未満 ほぼ安全
日本生気象学会(2008年4月)より
ここでのWBGT値(℃)とは日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針」に基づいて、温度と湿度から求めた値です。

乾燥指数表示(11月〜 3月)

UVH-01 乾燥指数表示

温度と湿度を測定し、乾燥注意の3段階を表示します。 モードボタンを押すことで、時計表示と絶対温度(g)表示が切り替わります。 特に絶対湿度の低い f を測定した際には、乾燥指数アイコンが点滅して警戒を促します。

  絶対湿度(g) ウィルスの生存率 注意すべき生活活動の目安 生活活動に置ける対策
3-f 7g以下 警戒 20% ウィルスの生存に適した感染しやすい環境 加湿器などで湿度を上げたり、温度を上げて予防する。
2-mf 11g以下 注意 5% ウィルスが生存可能で感染に注意が必要な環境 温度や湿度が下がらないように注意する。
1-p 11g以上 ほぼ安全 ほぼ0% 通常の生活環境 温度や湿度を適度に保つように心がける。
絶対湿度とは、温度に関係なく1m3の空気中に含まれる水蒸気の質量のことでg/m3(単位)で表します。通常使う湿度とは相対湿度のことで、ある温度において空気中に含むことのできる水蒸気量(飽和水蒸気量)に対して実際の水蒸気量がいくら含まれるかを%(単位)で表します。

各部名称

UVH-01 各部名称

▲ページTOPへ戻る

仕様

UVチェッカー、熱中症指数計、乾燥指数計 仕様

UVインデックス 0.0~19.9 および 5段階表示
SPF値 5、10、15、20、25、30、40表示
スキンタイプ 1、2、3表示
測定温湿度範囲
  • 温度:-9.9 ~ +50.0 ℃
  • 湿度:20 ~ 90 %RH
測定精度
  • 温度:±1 ℃ (+10 ℃ ~ +40 ℃)、±1.5 ℃ (それ以外)
  • 湿度:±5 %RH (+20 ~ +30 ℃、40 ~ 70 %RH)、±8 %RH (それ以外)

一般仕様

サンプリング 約 1 回/分
使用温湿度 -9.9〜+50℃、90%RH以下(但し、氷結や結露のないこと)
保存温湿度 -9.9〜+50℃、90%RH以下(但し、氷結や結露のないこと)
寸法 約 W 39 × H 79.5 × D 11 mm
重量 23 g(電池含む)
電源 CR2032 リチウム電池 × 1個
電池寿命 約10か月(UVチェッカー20回/1日、LEDライト20秒/1日使用時)
付属品 取扱説明書
校正 一部校正可(温度・湿度のみ)
JAN 4983621300178
UVチェッカー使用上のご注意
  • 気象庁が発表する紫外線情報と一致しない場合がありますが、これは紫外線を測定する環境や条件が異なるためです。
  • 紫外線を測定し、UVインデックスやSPF値を表示しますが、測定値は紫外線対策の目安としてご使用ください。
  • 紫外線からの様々な被害・危険から守るものではありません。
熱中症指数計/乾燥指数計機能使用上のご注意
  • 熱中症や風邪の発症を完全に防止できる製品ではありません。 風邪や熱中症は、周囲環境の温度・湿度・輻射熱等の影響や、個人の年齢・性別・健康状態、その時の活動状況(運動や労働状況等)など、様々な要因に影響されて発症します。これらの特性を良くご理解いただいた上で、あくまでも目安としてご使用ください。

▲ページTOPへ戻る

オプション

関連製品

温度(サーミスタ) 温度(温球) 温度(露点) WBGT指数 湿度

HI-2000SD

データロガー熱中症指数計

HI-2000SD

黒球タイプで、別売りのSDカードを装着すればデータの記録も可能。

温度(サーミスタ) 湿度 熱中症指数 乾燥指数 活動量

PHV-1000

熱中症指数/乾燥指数チェッカー付き活動量計

PHV-1000

活動量計に熱中症指数/乾燥指数のお知らせ機能を追加。

温度(サーミスタ) 湿度 熱中症指数 乾燥指数

HV-600

携帯型熱中症指数/乾燥指数チェッカー

HV-600

熱中症指数/乾燥指数のレベルをLEDでお知らせ。携帯に便利なサイズ。

▲ページTOPへ戻る